英単語帳の場所で覚えてしまうから、試験で順番がかわった時にわからない

単語帳の場所で覚えてしまう

第一志望大学に合格した英単語マスター

 

英単語帳で暗記学習するデメリットは、語彙の意味を場所で覚えてしまうことですよね。だから単語帳で記憶学習している時は、“覚えた気分”になっているだけで、実際に単語テストを受けたら、全くわからないという経験をしたことがある人は多いもの。

 

英単語の意味をしっかりと覚えたいなら、単語帳で勉強することは無駄といっても過言ではないでしょう。

 

では、どうやって暗記するのが1番かというと単語カードです。

 

単語カードであれば、カードを入れ替えることが出来るので場所で覚えてしまうという心配はありません。

 

また、苦手な英単語だけを抜粋して集中的に暗記することも可能です。

 

しかし、英単語カードを作成するのはすごく時間がかかります。100語以内だったら何とかできますが、1900語などの大量な語彙を単語カードで作成していると、それだけで何日もかかってしまい時間がもったいないですよね。

 

そこでオススメなのが、最新の英単語記憶システムボキャビルダーです。ボキャビルダーでは、1日たった33分の学習時間で、なんと月1000語もの英単語を覚えられる仕組みになっています。その仕組みとは、単語カードが自動でPC画面(一部のスマホでも利用可能)に表示され、覚えている/覚えていないをどんどん振り分けていきます。そして、あなたが忘れていた単語を抜粋して、苦手な英単語リストが作成され、それを何度も何度も記憶していく形です。

 

簡単にいえば「自動で生成される単語カード」というイメージがわかりやすいです。

 

このようにボキャビルダーでは、単語帳と単語カードの弱点がなく、超効率的に英単語を暗記できる仕組みになっています。

 

まずは30日間、無料体験してみましょう!

 

場所で覚えない英単語暗記

語彙を確実に暗記するコツ

 

英単語の暗記で活用される単語帳。単語帳に載っている語彙を復唱することで暗記ができる学習法ですが、実はこの学習法にはデメリットが存在します。

 

 

それは、単語帳の順番や位置で英単語を覚えてしまうため、実際にテストで出てきても思い出せないことです。

 

 

ヒトの記憶力は、さまざまなイメージが積み重なり記憶となります。単語一つにしても、いつもと変わらない単語の順番では、順番がイメージとして脳にインプットされるので、順番がバラバラになってしまった時には記憶として残らないのです。

 

 

このため、Apple→Air→Bananaの順番で定着して覚えてしまうと、テストなどでBananaから出てきた場合には、混乱してしまい、分からなくなってしまうパターンが多くあります。

 

 

このような単語帳のデメリットを克服した勉強法が、ボキャビルダーの単語カードシステムです。

 

 

ボキャビルダーは学習範囲を最初に設定するだけで覚えたい英単語が毎回ランダムに出てくるので、単語を順番や位置で覚えてしまうことがありません。

 

 

また、カードが出てくるのと同時にネイティブな発音も聞けるので、耳と目と両方から単語を覚えられ、非常に効率の良い暗記につながります。

 

 

こうしたことが人気の理由となり、最近ではボキャビルダーを利用して英単語の学習をしている方が非常に増えています。

 

ボキャビルダー公式サイト